>注目記事>キャリアアップを期待するなら転職しよう!麻酔科の転職ナビ

キャリアアップを期待するなら転職しよう!麻酔科の転職ナビ

男性

転職を考えるきっかけ

人間関係の煩わしさ、労働条件の悪化、新しいスキルを身につけたいなどがきっかけとなることが多いようです。

転職方法を比較してみよう!知人の紹介VS仲介業者の紹介

知人の紹介は確実に就職しやすい

確実に就職しやすく、仕事を探す手間が省けるのがメリットです。

仲介業者の紹介はこっそり転職できる

周囲に分からないように転職ができ、条件に合った就職先を見つけてもらえるのがメリットです。

麻酔科従事者の転職ならエージェントに相談してみよう

満足できる職場を見つけやすいのが特徴です。そのため、積極的にエージェントに相談することが望ましいと言えます。

麻酔科の転職にエージェントを利用した方が良いことベスト5

診察室
no.1

非公開の就職先を見つけられる

エージェントは転職サイトなどに掲載されていない転職先の情報も持っているため、非公開で条件の良い就職先を見つけやすいのが利点です。

no.2

自分の代わりに交渉してくれる

給料や労働条件の交渉を苦手とする人は多いですが、エージエントを利用すると好条件になるように、代わりに交渉してくれるので楽ちんです。

no.3

面接の段取りを整えてくれる

エージェントが面接の段取りを整えてくれるので、指定された日時に面接を受ければよいだけで便利です。また、入職後のフォローもしてくれるので安心です。

no.4

合わない時に断りやすい

エージェントを通すと人間関係の煩わしさもなく、条件などで折り合いがつかない時は、何のしがらみも感じずに断れるのも魅力です。

no.5

キャリアアップが図れる

良いエージェントは、医師としての技能が伸ばせるような就職先を探してくれるので、転職後のキャリアアップにも期待ができます。

転職する前に情報収集はしておこう

エージェント任せにせず、自分でも積極的に情報収集をすることが大事です。

麻酔科を転職する際に出てくる主な質問

ウーマン

小規模の病院は大変か?

大病院は大病院なり、小規模の病院は小規模なりの大変さがあります。

穏便に転職するには?

少なくとも3ヶ月から6ヶ月前には伝え、人事異動などに影響を与えないようにすることが大事です。

引き留められたらどうすれば良いか?

院内での自分の評価を再検討し、それでも辞めたいなら説得するようにしましょう。

フリーランスはもうかるのか?

年収だけを見ると上がりますが、有休制度など福利厚生の面は悪くなります。

転科は可能か?

不可能ではありませんが、キャリアを再び一から築く必要があります。